1アートボード 1_3x-100_edited_edited.jpg
 
 

香港映画祭2022

香港を知る、香港を楽しむ。いま観るべき、
日本初公開、珠玉の19作品をラインアップ。
大阪・京都・神戸・名古屋・東京で
2022年11月26日から12月28日まで!

11月26日(土)~12月2日(金)
大阪 シネ・ヌーヴォ/スケジュール↗  


12月2日(金)~12月8日(木)
京都 出町座/スケジュール↗ 
 
12月10日(土)~12月16日(金)
神戸 元町映画館/スケジュール↗ 
 
12月17日(土)~12月23日(金)
名古屋 シネマスコーレ/スケジュール↗ 
 
12月27日(火)、28日(水)
東京 ユーロライブ/スケジュール↗ 

​香港映画祭2022開催に寄せて

リム・カーワイ(林家威)
映画監督、香港映画祭2022キュレーター

2021年年末に初開催された「香港映画祭2021」は、日本未公開の香港映画7作品を、大阪・京都・神戸・名古屋・東京の全国五大都市のミニシアターで巡回上映し、大盛況のうちに閉幕した。そして今年も香港映画祭がやってくる!

 

そもそも香港映画祭をはじめたのは、香港の社会と政治の変化を反映した香港映画が多く制作されているにも関わらず、日本の映画祭や配給興行の傾向と合わず、日本に紹介されない作品が多くあったことが大きな理由であった。そうした香港映画の多様性と魅力をもっと沢山の日本の映画ファンに届けたいという思いから、本映画祭ははじまった。今年も同じ趣旨で開催するつもりだったが、1年も経たないうちに日本における香港映画の受容状況に変化があることに気づいた。

エンターテイメント映画やインディ映画、香港では上映禁止となった映画、黄金期の香港映画など、多くの香港映画が日本では次々と劇場公開されており、リバイバル上映や特集上映なども大変賑わっている。そこに配信を含めると、今の日本はおそらく世界中で一番香港映画を観ることができる国である。この映画鑑賞状況は実に健全で素晴らしいことだ。それでも日本に紹介されていない素晴らしい香港映画がまだ数多くあるはずだ。作品の選考から、配給会社や監督たちとの交渉の結果、短篇映画を含め昨年よりも多くの未公開作品(なんと19本!)を本年の映画祭で上映することとなった。

風景9.jpg
『風景』 2016年
監督:リタ・ホイ(許雅舒)
suksuk1.jpg
『ソク・ソク(叔・叔)』 2019年
監督:レイ・ヨン(楊曜愷)

とりたてて共通するテーマや傾向があるわけではないが、今回上映される映画の主人公たちは、これまで日本に紹介された香港インディ映画や商業映画でも、あまり主役になったことがないキャラクターと彼らの物語になっている。例えば移民、年寄りのゲイ、差別を受けた女性、ホームレス、アーティスト、社会運動に参加する人、デモで逮捕された人など…。こうした社会的マイノリティな人々に視線を向けた監督の多くが若手の新人監督たちだ。

「香港映画祭2022」を通じて、未知の才能を発見するとともに、香港映画の裾野の広さを知ることになるだろう。またこれらの作品から、香港国家安全維持法やコロナ禍などがもたらした変化が、むしろ香港映画の可能性と豊かさをより広げたのではないかと感じて頂けたら幸いです。

Drifting1.jpg
『香港の流れ者たち(濁水漂流)』 2021年
監督:ジュン・リー(李駿碩)
F-4 one pair4.png
『クイーンのワンペア(1pair女 )』 2021年
監督:レックス・レン(任侠)
香港映画祭2022についてのお問合せ:
hongkongfilmjp@gmail.com
 

フライヤーダウンロード

[PR]香港映画祭2022-フライヤー中.jpg
[PR]香港映画祭2022-フライヤー表.jpg