香港映画祭バナー.jpg

香港映画祭

2021

香港映画祭2021:
大阪・京都・神戸・名古屋・東京─
全国5都市にて開催!
激動する香港から日本初公開の、
珠玉の7作品をラインナップ!

・各作品とも会期中に2回上映。
・ただし東京のみ1回の上映です。

シネ・ヌーヴォ(大阪) 
11月27日(土)~12月3日(金)

出町座(京都)
12月3日(金)~12月9日(木)

元町映画館(兵庫)
12月11日(土)~12月17日(金)

シネマスコーレ(愛知)
12月18日(土)~12月24日(金)

ユーロライブ(東京)
12月29日(水)、30日(木)

香港映画祭2021_フライヤー_表裏.jpg

香港映画祭2021 公式フライヤーダウンロード

香港映画祭2021年に寄せて

リム・カーワイ

映画監督、香港映画祭2021キュレーター

香港の言論と表現の自由が、中国により益々厳しくなっていると、最近懸念されている。もちろん映画業界への影響も計り知れない。特にクリエイターやスタッフ、俳優たちは香港映画の独自性とアイデンティティーについて、より深く考え始めている。また、従来の映画会社も娯楽だけのメジャー映画ではなく、もっと香港人の日常生活に寄り添うような映画を企画・製作するようになってきている。政治的な影響は、皮肉なことに香港映画の製作形態、内容、ジャンルをさらに豊かに、さらに強靭にした可能性がある。香港映画の魅力はエンターテインメントだけではなく、社会の変化、日常生活の問題などに真剣に取り組むという温かい眼差しであり、さらにその豊かな表現力の中にある。

香港映画祭2021『夢の向こうに(幻愛)』監督キウィ・チョウ
『夢の向こうに(幻愛)』 2020年
監督:キウィ・チョウ
香港映画祭2021 『酒徒』 監督:フレディ・ウォン
『酒徒』 2010年
監督:フレディ・ウォン

初開催となる「香港映画祭2021」は、最近の香港の変化を反映して作られた商業映画を紹介し、香港映画のアイデンティティーを強く意識した映画たちに焦点を当てる。上映される7作品の内、新人監督のデビュー作が5作品も含まれている。香港のベテラン、スター俳優の新たな魅力を引き出した、新人監督たちの力量には驚くべきものがある。本映画祭の開催により、ぜひ香港映画の底力を感じていただき、日本の観客にもっと香港映画の魅力を知ってもらい、香港と日本の文化交流がより深く、より豊かなものになればと期待している。
 

また、新型コロナウイルスの感染拡大により、地方のミニシアターの経営と番組編成が大変厳しくなっているのも事実である。関西と名古屋のミニシアターと本映画祭を共催することにより、映画文化の多様化に貢献するだけでなく、少しでも映画館が活気を取り戻して、盛り上げることができれば、まさしく本望である。

香港映画祭2021『幸福な私(幸運是我)』 監督:ロー・イウファイ
『幸福な私(幸運是我)』2016年
監督:ロー・イウファイ
香港映画祭2021 『暗色天堂』 監督:ユエン・キムワイ
『暗色天堂』2016年
監督:ユエン・キムワイ
香港映画祭2021 『最初の半歩(點五步)』 監督:スティーブ・チャン
『最初の半歩(點五步)』 2016年
監督:スティーブ・チャン
香港映画祭2021 『深秋の愛(愛在深秋)』 監督:リム・カーワイ
『深秋の愛(愛在深秋)』 2016年
監督:リム・カーワイ
香港映画祭2021 『夜の香り 《夜香、鴛鴦、深水埗》』 監督:ミンカイ・レオン、ケイト・ライリー
『夜の香り 《夜香、鴛鴦、深水埗》』2020年
監督:ミンカイ・レオン、ケイト・ライリー
香港映画祭2021-フライヤー-プログラム.jpg

NEWS | 香港映画祭2021